スーの日本庭園

スーの日本庭園は、2002年4月2日に逝去されたイツエ(スー)・カルファスさんの寄付によって造園されました。

スーさんはWRJCCA日系会で熱心に活動されていました。日系会のサポートを得て元気付けられた彼女は他の会員に対しても惜しみない協力をされました。

日系会の継続を切に願った彼女の遺志を継ぐ為、私達は寄付金をウォータールー地区のコミュニティーに役立つことに使えないかと考え、スーの日本庭園の造園に至りました。

そしてキッチナー市の許可とサポートを得て、T・トリズカ氏のデザインにより、スーの日本庭園はビクトリアパークに立てられました。調和を表す漢字「和」と、「スーの日本庭園」の字(英語)が庭の石に刻まれています。

公式な庭園除幕式は、日本より来加されたスーさんのお姉様、カール・ゼアー市長立会いのもと、2005年9月17日に執り行われました。